読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の片隅で

技術ネタの放流、あるいは不法投棄。

いにしえの「CSV over FTP」

TL;DR

単なる文句です。

CSV over FTPとかマジやめて!」

はじめに

ここに書かれていることは自分が調べられた範囲で得られた事実です。 調査不足による不備や、僕が権限が付与されていないために見られないだけで実は存在している機能などもあるかもしれません。

何がしたいか

世の中には様々なECモールが存在します。

そして、そのECモールに存在する店舗に対して、

  • 複数店舗で同じ商品を扱いたい。
  • 炎上防止のため、価格を更新するときに桁の間違いをチェックしたい。

などの要求により、外部のプログラムから情報を取得・更新したいという要求が出てくることがあります。

簡単に言うと、API欲しいよねってことです。

触ったことがあるもの

今までに僕が触ったことがあるものは以下のものです。

他のモールについては知らないので、上記のモールについてのみ触れます。

データ形式&アップロード方式

モール名 データ形式 アップロード方式 レスポンス
Amazonマーケットプレイス XML HTTPS
DeNAショッピング CSV FTP ×
Yahoo! ショッピング CSV FTP ×
カラーミーショップ JSON HTTPS
ポンパレモール CSV FTPS ×
楽天 CSV FTP ×

つまり、整理すると、

レスポンスが返ってくるもの

レスポンスが返ってこないもの

となり、多くのモールでアップロードしたデータが正常に処理されたかどうかのレスポンスが得られません。

CSV over FTP(S)

レスポンスが返ってこないモールはすべてCSV over FTP(S)を使っています。

これはたぶん「商品情報の一括編集とかできないの?」といった要望をもっているPCに強い店舗担当者のために作った機能だからだとは思うんですが、実にプログラマブルでなく、

  • リクエストを処理したレスポンスが得られない。*1
  • FTPサーバからファイルが取り込まれるまで新たなリクエストを投げられない。

など、困る点が非常に多くあります。

言いたいこと

各モールの方、お願いですからWebAPIを提供してください。

APIを作って仕様だけ*2公開してくれれば、各言語向けのライブラリはユーザが勝手に作りますので。

*1:しかもたまにコケます。

*2:できればテスト環境も