読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットの海の片隅で

技術ネタの放流、あるいは不法投棄。

届けたい価値

戯言

「ユーザに価値を届ける」

これはよく言われることだし、非常に同意できることなんだけど、この「価値」にもいろいろあると感じる。 優れた検索エンジンを提供することだって価値だし、面白いゲームを提供することだって価値だ。

そういった価値の中で「自分が届けたい価値」は何なのかと考えた時に、「便利なサービス」には強く惹かれる一方で、「楽しいサービス」に対する興味は相対的に少なかった。

  • 楽に何かをできる
  • 面倒なことをコンピュータに任せられる
  • 人間の仕事を奪う
  • 人間を今の仕事から解放する
  • 人間がもっと他のことをできるようになる

こういったサービスを作りたい。

もちろんその過程では「楽しさ」をはじめとする他の価値も必要になるし重要なんだけど、プライマリな価値として「物事の利便性・効率性を向上する」ものを届けて、人間という最も貴重なリソースを有効に活用できるようにしたい。

一言でまとめると「生産性」というのが自分が届けたい価値なんだと思った。